インタビュー第4回バナー
インタビュー第3回バナー インタビュー第2回バナー インタビュー第1回バナー

氷結レモンSTRONGの登場で缶チューハイのアルコール度数戦争勃発じゃないか?

氷結レモンSTRONG

電車の車内広告で存在を知った「氷結レモンSTRONG」。
アルコール度数8%とでっかく缶にプリントされていることからも、
他の商品から抜きん出たアルコール度数の高さが売り。

缶チューハイをアルコール度数の高さで選ぶ自分としては
試さぬわけに行かない!というわけで早速飲んでみた。

追記 2010/12/27
アルコール度数12%のチューハイがリリースされたということで、
新しく記事まとめました。
氷結レモンストロングから-196℃ストロングゼロスーパーショットまで
缶チューハイのアルコール度数戦争を振り返る

よかったらこちらもどうぞ。

人と飲む酒と違って家で普段飲みする酒は
その目的が酔っ払うことである人も多いのではないか。
そういった酔っ払い志向の人間にとって重要なのは
アルコール度数の高さ。同じ量飲むなら、
アルコール度数高い方がより効率的に酔えるというもの。

そして、酔っ払い効率を追求する人間から
長年強い支持を受けていたのが「氷結レモン」。
アルコール度数7%の商品は他に類がなく、
効率酔い追及派は、この一本を愛用していた。

しかし、最近になって、「-196℃凍結レモン」や
同「ドライレモン」、「焼酎ハイボールレモン」など
アルコール度数7%を謳う商品が他からもラインナップされ、
相対的な価値が下がっていたのが「氷結レモン」だった。

そんなアルコール度数7%乱立期に
風穴を開けたのが今回の「氷結レモンSTRONG」の
登場というわけだ。

早速500ml缶を飲んでみたが、味もよく、
何より、今までよりすばやく気分がよくなるので、
気分がよくなってから飲める量が増えるのがうれしい。
これで「レモンSTRONGの500mlじゃないと、
分量と酔いのバランスが取れないんだよ」という
ドランカーが増えるのも時間の問題だろう。

ちなみに「レモンSTRONG」の登場に併せて、
従来の「氷結レモン」の度数が7%から6%に下げられている。
スピードドランカーではないユーザーにとっての
飲みやすさへの配慮も忘れていない。

そんなわけで、スピードドランカーの皆さんには
お勧めというよりマストアイテムとなる
「氷結レモンSTRONG」の登場です。

この流れに他の商品も追従し、あるいは
更に抜きん出る商品も出てくることも予想され、
今まで揉み合いが続いていたアルコール度数戦争が、
デッドヒートの展開に変わりそうな予感がします。

なんか書いてたら「ブログを書いて収入をもらおう」
みたいになってしまったか。
勢い付けて書いちゃってますが、
アルコール度数7%のチューハイが
氷結以前になかったのかとか、
調べず自分の経験からくる印象で書いてるので、
最後に差っぴいていただければさいわいです。

ただ、自分の周りには思いのほか氷結レモンを
アルコール度数で飲んでる人が多かったので、
そんなずれてはいないと思うんすよね。

KIRIN 氷結
SUNTORY -196℃
宝酒造 焼酎ハイボール
posted by てらじろ at 2008年05月14日 18:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
缶チューハイ1本じゃたりないね
Posted by ごくう at 2010年05月31日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。