インタビュー第4回バナー
インタビュー第3回バナー インタビュー第2回バナー インタビュー第1回バナー

CGアニメ「HiBi-Chan」を知ってるかい?

HiBi-Chan

ゲームじゃないんですが、コンテンツのご紹介。
「hibi-chan」というCGアニメーションで、
なぜかブリーフ一丁の、クマのような
ネズミのような奇妙な妖精の大活躍…
ではなく、コミカルな日常を描く作品です。

HiBi-Chan

なんか不思議なバランスで面白い。
僕は、ブリーフ下ろしかけるところが大好きです(笑)

下記にも動画貼っておきます。


HiBi-Chan

コミカルなのになんか生っぽい、
生っぽいネタなのにかわいい。
そんなプリティー生コメディ「hibi-chan」の
ヒビパパ監督は、現在星野が机を借りたり
何かとお世話になっている、
ジーニーズアニメーションスタジオ
社長だったりもする人です。

そんなヒビパパ監督の「hibi-chan」が
MSNビデオアワード最優秀作品を受賞。
おー、すごい!

MSNビデオアワード

監督からは、以前からこのコンテンツの
お話はいろいろ伺っていて、それは、やっぱり
「自分のコンテンツを創る事の大変さ」と
「それでも創りたいという欲求」のお話なわけです。

そんな話を聞いていただけに、
今回の受賞はすばらしいことだなぁと
しみじみせずにはいられません。

創るということの楽しさと大変さ。
それはどんなコンテンツでも一緒なんだなぁと。
そういった視点で一度記事に
まとめて見たいと思っています。

「hibi-chan」のこれからの活躍に期待です。

HIBI-CHAN 公式サイト
マイコミジャーナル記事
posted by てらじろ at 2008年07月02日 17:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるコンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

人に何かが伝わって、それで笑ってくれたり、評価してくれたりって、

本当に、すごいことだよなー
と、今回思いました。

仕事をしてると、忘れてしまいがちだけど
大事なことだよね〜
Posted by なべしげ at 2008年07月03日 16:14
創る=伝えるなんですね。
なるほどなぁ、確かに。

忘れてしまいがちなことを
思い出させてくれるっていうのも
やっぱり創ることから生まれる。
なるほどなぁ。
Posted by 0stage星野 at 2008年07月04日 01:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。