インタビュー第4回バナー
インタビュー第3回バナー インタビュー第2回バナー インタビュー第1回バナー

イベントのご紹介「夜のゲーム大学〜ふいんき語り〜」

ふいんきイメージ

イベントのご紹介

「OCN x Flash ゲームコンテスト」で
審査をしていただいて以来、
ちょこっと交流させていただいている
米光さんを含む「ふいんきトリオ」のイベントで、
「夜のゲーム大学〜ふいんき語り〜」です。

・こどものもうそうblog「夜のゲーム大学〜ふいんき語り〜

夜で飲み食いありとのことで、
一歩間違うと宴会になってしまいそうな危険なイベント(笑)

しかし、授業タイトルをみると
飲んでられない面白さがありそうです。

個人的には飯田さんのテーマに特に興味深々です。
今自分がやろうとしていることと何か共鳴をしそうな予感が!

そんなわけで私も是非参加したいと思っております。

これをお読みのみなさんで、ご興味ある方は是非!

2008/06/30 追記
行ってきました〜。
そのときの様子はこちら。
「夜のゲーム大学〜ふいんき語り〜」それは講義エンターテインメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【夜のゲーム大学〜ふいんき語り〜】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月29日、「ゲームの大学」が、阿佐ヶ谷ロフトエーに登場!
夜+飲み食い+音楽アリの大娯楽大学!
ゲーム好きなら楽しめるから、気軽に遊びに来てください。

【夜のゲーム授業・濃縮版】
米光一成先生「発想力ゲーム:思いつきを活かす」
麻野一哉先生「ゲームの歴史:50にして天命を知る」
飯田和敏先生「未来のゲームを開拓しよう:インディゲーム宣言!」

ゲームとは何か? 発想とは? ゲームの歴史は? 未来のゲームは? ゲームの現場で実際に働き、大学でゲームについて教えている三人が、夜のゲーム授業濃縮版を披露。授業の合間には「ゲーム」や「ゲーム教育」について激論!
研究発表みたいな退屈な授業はやらない。授業そのものがゲームであり、エンタテインメントショーだ!
ゲームについて知りたい人、ゲーム教育を考えたい人、ゲームに関するエンタテインメントショーを楽しみたい人、ゲームが好きなすべての人に送る新感覚ゲーム授業ライブショー!

ウルトラ飛び入りゲストあり!

【出演】
麻野一哉(ゲーム作家/慶応大学非常勤講師)
代表作『トルネコの大冒険』『かまいたちの夜』『アナタヲユルサナイ』等

飯田和敏(ゲーム作家/デジタルハリウッド大学教授)、
代表作『アクアノートの休日』『太陽のしっぽ』『巨人のドシン』等

米光一成 (ゲーム作家/立命館大学映像学部教授)
代表作『ぷよぷよ』『BAROQUE』『キングオブワンズ』等

三人の共著に『ベストセラー本ゲーム化会議』(原書房)『日本文学ふ いんき語り』(双葉社)『スピンドル式 鍛えない脳』(しょういん) 『恋愛小説ふいんき語り』(ポプラ社)がある。

2008年6月29日(日曜日)
Open 18:30 / Start 19:30
¥1000(飲食代別)

予約はお店まで。
[電]Loft A電話予約
03-5929-3445(受付17:00〜24:00)

■メール予約を以下の要領で受け付けします。

(予約要項)
---------------
●件名:ふいんき予約
---------------
●本文
お名前:
連絡先電話番号:
同伴者名(1人まで可/同伴者なしの場合は無記入で)
---------------
上記をご記入の上
fuinki2@loft-prj.co.jp
までメール下さい。
(携帯メールからでもOKです)

詳細
・こどものもうそうblog「夜のゲーム大学〜ふいんき語り〜
posted by てらじろ at 2008年06月17日 04:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。